稼ぐオンラインカジノ  本場ラスベガスのカジノの楽しみ方①

海外カジノ情報
ラスベガスカジノⅠ
ラスベガスカジノⅡ
ラスベガスカジノⅢ
参考文章
初回入金ボーナス
稼ぎ方とカジノ選び
勝つための攻略
インディアンカジノ
必要書類
お得な情報
サイト集
最近の投稿
Hello world!
アーカイブ
2019年4月
最近のコメント
Hello world!
へのコメント
(WordPress コメントの投稿者 [04/25])

こんにちは、これはコメントです。
コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

カテゴリー
未分類

本場ラスベガスでカジノを楽しむコツ

カジノといえばラスベガスですよね。一度はラスベガスの夜を満喫してカジノで遊びたい、と言う憧れを持った人は多いでしょう。ですがラスベガスのカジノには様々なルールがあります。このルールを守らないと、思わぬトラブルを招いたり、大恥をかいたりしますので、きっちり細かいルールをおさえておきましょう。

まず基本的なこととして、ラスベガスでは21歳未満はカジノにはいってはいけません。アメリカには白人黒人が多く、日本系の顔立ちの人は少ないためか、実年齢よりも若く見られることが大変多いです。ですので、年齢を訊かれ、言っても信じてもらえず、揉める、なんてことを防ぐために、年齢を証明できるものを持ち歩きましょう。パスポートを持ち歩く、という選択肢もありですが、カジノではアルコールを飲み、お金を賭けて大興奮する、なんてことも多いです。そのため落とす危険性も高くなっています。ですのでなるべくパスポート自体よりも、パスポートのコピーを持ち歩くようにしましょう。ラスベガスでカジノに行くなら、もう日本でパスポートをコピーしてしまうことがオススメです。

次に、服装についてお話ししましょう。ラスベガスのカジノには、どのような格好で行っても大丈夫です。紳士の社交場というイメージから、男性はスーツ、女性はドレス、というような感覚の人がいるかもしれません。ですが、私たちが買い物に行くときのような、普通の洋服で大丈夫です。ただ例外的なところも、あるにはあります。それは、高額なお金を賭ける人専用のエリアです。またバカラというゲームがあるのですが、そのバカラのテーブルでも、ラフな格好は厳禁なんです。気をつけましょう。

両替所について話しましょう。スロットマシーンなどは現金で遊べます。ですがポーカーやブラックジャックなどには、カジノ専用のチップが必要です。この両替は、カジノエリアの両替カウンターで行います。「Change」や「Casher」と書かれたカウンターがそうですので、そこへ行きましょう。ここはカジノで勝った場合、カジノ専用のチップを変えるときにも使いますよ。さらに、日本円を両替することもできます。もしドルが足りなくなったら、ここで日本円を両替しましょう。

次に、禁止事項についてお話ししましょう。カジノには様々な禁止事項がありますが、そのなかでも犯しがちな禁止事項は、撮影です。現在はスマートフォンで写真を撮って、SNSにあげることが流行しています。ですがプライバシー保護のため、カジノ内では撮影が禁止されているんです。撮影してしまって、「知らなかった」では済みません。注意しましょう。

次にチップについて話しましょう。日本人には、全くなじみがないので、アメリカではこのチップには苦しめられることでしょう。カジノでも、当然チップは様々な局面で使用されます。ですのでカジノでのチップの使い方を覚えておかないと、トラブルになったり、恥ずかしい思いをしたりするので、ちゃんと学習しておきましょう。カジノでは、主にテーブルゲームの際にチップをディーラーに渡します。たとえば、ディーラーにゲームのやり方を教えてもらったときです。これは直接手渡ししてはいけません。テーブルの上にのせて、「チップです」と声をかけましょう。また、ポーカーやブラックジャックなどのテーブルゲームで大勝した場合にも、ディーラーにチップをわたすルールがあります。ですが毎回渡す必要はありませんよ。配当金が少額の場合にはチップを渡す必要はありません。

では次に、テーブルゲームに参加する方法について、解説しましょう。

まず、空いている席に着席します。着席したらゲームへの参加です。ですので、もしプレーしている様子を見たいだけの場合には、席に座らず、立って観戦しましょう。そして現金をチップに変えます。カウンターで変えている場合は大丈夫ですが、無い場合には、現金をテーブルに置き「Charge,please.」と言いましょう。そうすると、現金をチップに変えてくれます。ゲームで遊んでいる最中にチップがなくなった際にも、この方法を使います。

チップの賭け方は、ポーカーやブラックジャックなどで違います。スタッフに質問すると、助けてくれますよ。

最後にゲームを終了する方法ですが、これは「Thank you」と言って、席を立てばいいだけです。このとき、大勝ちしていて、チップが大量にある場合には、高額チップに変えてもらいましょう。そうすればチップの枚数が減って、持ち運びが楽ちんです。そのチップを最初に両替にいったカウンターにもっていって、現金に変えてもらえば、終わりです。

最低賭け金のことも話しておきましょう。ホテルやゲームによって異なりますが、スロットやテーブルゲームは、基本的には5$からです。スロットマシーンなんかは5$からですので、本当に気軽に遊べます。ですがなかには、一回1000$からというスロットマシーンもあります。もちろん当たれば、超超高額配当が狙えますが……難しいでしょう。

カジノでのマナー

"カジノと言ってパッと思いつくのはやはりラスベガス、カジノといえば一攫千金のイメージ が先行しがちですが、実はそんなことはありません。

まずカジノには年齢制限があり21歳未満の入場は固く禁止されています。年齢確認のため住民票や免許書、パスポートなどの提示が求められることがありますので、カジノに行く際は持っていくことを強くお勧めします。

カジノにはドレスコードと呼ばれる服装のルールのようなものが存在し、カジノ側が入店に際して相応しくない装いである判断した場合に、入店を断ることがあります。もうなんだかこれだけでカジノって高級そうなイメージがありますが、ドレスコードはその店によって判断もまちまちで当然緩いところもありますが、スーツ着用であれば問題ありません。ただし、基準が厳しいところですと、スーツがよれよれでだらしなく見えたりすると入店を拒否されるので注意しましょう。

カジノでの写真撮影は原則禁止です。ただテレビ等の撮影でカジノの様子を取っていることはあるので店側がカジノの様子を撮影されたくないといういうことではなくお客さんのプライバシーを守るための撮影禁止なのだそうです。

席を離れる際にはディーラーや従業員にチップを渡すこともマナーの一つです。チップの相場は大体1ドル~5ドルといった感じでいいでしょう。チップを多く渡したから次の勝負でわざと負けてくれるとか、そういうのは残念ながら(笑)一切ありませんので、気持ち程度にチップを渡しましょう。

ラスベガスのホテル探し

ラスベガスのホテルは高いイメージがありますが、実は安いホテルもいくつか存在しております。観光目的であれば、ちょっとぐらい豪華なホテルに泊まったほうがいいですが、しばらく滞在して拠点として使いたいのであれば、出来れば料金は安く抑えたいところです。ちなみに私は、過去に4回ほどラスベガスに遠征に行きましたが、ホテルもいいところをチョイスしたいのであればやはりベラージオがお勧めです。1泊17500円前後で市街地に近くホテル内にはプールもあり料金の割にはかなりゴージャスな気分が味わえます。料金重視で考えた場合ですと私のお勧めはエルコルテスホテルです。ネットで情報収集してた時に見つけたホテルですが、1泊2500程度でホテル内にはレストランもあります。無料で使えるネット回線もつながってるので情報収集もできますし、寝るだけの拠点としては十分だと思い、以後ラスベガス遠征時の拠点としてお世話になっています。