稼ぐオンラインカジノ インディアンカジノ

海外カジノ情報
ラスベガスカジノⅠ
ラスベガスカジノⅡ
ラスベガスカジノⅢ
参考文章
初回入金ボーナス
稼ぎ方とカジノ選び
勝つための攻略
インディアンカジノ
必要書類
お得な情報
サイト集
最近の投稿
Hello world!
アーカイブ
2019年4月
最近のコメント
Hello world!
へのコメント
(WordPress コメントの投稿者 [04/25])

こんにちは、これはコメントです。
コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

カテゴリー
未分類

インディアン部族によって運営されるカジノとその主たる特長

アメリカには、多くのインディアンの方々が居住しています。それでインディアンにとっては、実はカジノは重要な存在です。そもそもインディアンが居住する場所は、農業などの産業は余り盛んではあります。というのも土壌などは、あまり恵まれていないからです。また牧畜なども少々難しい土地柄で、第一次産業などは難しい状況です。しかし部族としては、やはり生き残りの問題があります。

それで1,980年付近から、カジノに関わるようになってきたのです。インディアンとしても、生き残りをかけて必死だった訳です。それで最初の内は、様々な法的な争いなどもありました。州との兼ね合いがあって、少々難しいとも思われていましたが、最終的に1,981年にはカジノを経営する権利が獲得されたのです。その後も様々な法的な争いもありましたが、結局現在までもインディアンはカジノを生業にしている状況です。それでこのアメリカ原住民が運営するカジノは、それなりに成功している状況です。1,990年代の序盤には、アメリカの南部にてインディアン独自のカジノがオープンしました。それがかなりの収益を受けて、様々なカジノが作られるようになったのです。その数は非常に多いです。現在アメリカには、380近くのカジノが存在するからです。

アメリカ全域の様々な州にはカジノが存在しますが、その殆どにインディアンが関わっている状況です。上記のような生き残りの問題があるからです。その年間の収益額は、非常に高いです。最近のデータでは、1年間の利潤が日本円換算で1兆半ばというデータも見られます。ちなみに堅調な状況を裏付ける事柄として、カジノの立地が挙げられます。本来カジノという施設は、利便性などは重要なポイントのはずです。都市圏から近いエリアにある方が、カジノも栄える傾向があるからです。ところがインディアンが関わるカジノの大部分は、都市圏から遠いエリアに立地しています。かなり遠い場所なのに、上記のように収益額が高いのです。それだけカジノが好調な事実を裏付けているとも言えます。もちろん部族によって、利益額に関する若干の差もあります。人口が少ないエリアなどでは、カジノ競争で生き残るのは難しい事もあります。しかしそれでも上記のような数字になっていますので、やはりインディアンにとってはカジノが必要不可欠な存在なのは間違いないでしょう。特に部族人数の規模が小さいほど、カジノは重要な存在になります。まさに一族の命運がかかっている存在なので、小規模部族などは相当カジノに力を入れている事も珍しくありません。それでこの部族によって建設されたカジノは、施設の充実度も全般的に高いです。

米国と言えば、ラスベガスなどは非常に有名でしょう。アメリカの中でも最大規模のカジノ都市になります。ですがインディアンによって建設されたカジノも、決して引けを取りません。アメリカにはしばしば観光客の方々も訪れていますが、各州としても十分に集客力があるカジノだと高く評価しています。やはりそれなりの成果が出ている訳です。そのカジノの規模も色々です。上記ように小規模部族の方々が作ったカジノなどは、それなりに小ぢんまりしている事もあります。ビンゴだけで運営するようなカジノも、中には存在します。しかし大規模なカジノは本当に大きく、いわゆる複合施設タイプのカジノも非常に多く見られます。世界にあるカジノはレストランやホテルなどと一体化しているケースも多いですが、インディアンカジノの場合は温泉やゴルフ場などと複合する事例も数多く見られます。それなりに大規模なカジノも多い訳ですね。インディアンカジノを利用する利用客も、とても多彩です。地元住民の大学生の方々などは、インディアンカジノで楽しむケースもしばしば見られます。また上述のように、観光客を目的としたカジノなど色々です。ただ総じて年齢層が若い方々に向けたカジノが目立ち、特にロサンゼルス地域にあるカジノなどは、その傾向が顕著です。

それとアメリカのカジノでは、優待制度が採用されているケースがしばしばあります。いわゆるカジノのヘビーユーザーの方々に対する、優遇制度も存在するのです。それと同じようなシステムは、やはりインディアンカジノにも存在します。部族の生き残りの問題などもあり、やはりリピーターの方々などは優遇される傾向があります。そしてアメリカとしても、このインディアンのカジノをそれなりに高く評価しています。そもそもアメリカがそのカジノを認めた理由の1つは、税収なのです。それでインディアンカジノは、上述のように売り上げ数字などもかなりの高さを誇っています。アメリカという国にとっても重要な税収元の1つなのですから、現在この国にとっては必要不可欠な存在でもあります。ちなみにインディアンカジノは、まだまだ発展途上の段階です。総じて堅調な状況で、今後もその発展が継続すると見込まれています。